上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






がねぇ…


 


今に始まった事ではありませんが、最近しみじみ感じます。


今のところFXで若干の利益が出てますが、株の負けがずいぶんあるため元本取り戻す


にはまだまだ遠い…


利益が出ても素直に喜べないのは、おそらくそれが原因でしょう。


FXでいつ負けだすか分からないし…


 



仕事をやめてデイトレーダーになる方が結構いるそうです。


しかし7割ほどは負けているといいます。


私も負けているとはいえ多少の収入があります。それでも負ければ思いっきり凹むし


焦りもします。


デイトレーダーに専念している方は負けている時いったいどれほどのプレッシャーが


かかっているのでしょう?


 


仕事を辞め収入も無い訳ですから負ければ死活問題です。


そして負け続けて退場を食らった場合はどうなるのでしょうか


 



私も投資で生きていければい~な~程度の考えはありますが、なかなか踏ん切りが


つくものではありません。


投資で勝つためには地合も重要で、仮に今現在運良く勝っていたとしても、いつまでも


良い地合が続くわけもなく、その事を考えたら尚更投資だけで生きていく勇気はありません。


 


今年始めのライブドアショック(マネックスショックとも言う)から続く新興市場の下落。


かなりの数の個人投資家は淘汰されたでしょう。


その中には当然専業のトレーダーも含まれていたでしょう。


 


そんな方々の苦悩を考えれば、ある程度負けているとはいえ、まだ市場に留まっていられる


私なんぞまだマシな方なのかもしれませんね。


 


ただ、それを覚悟で相場の世界に入った訳ですから退場を食らった人達に同情するつもりは


ありませんし、もし私が退場を食らっても同情して欲しいとは思いません。


 


多くの人間が参加し作られている相場の世界。


しかしそこには“情”というものが存在しない厳しい世界です。


 


同情するなら


   をくれっ!!(超死語)


 





井戸田の奥さんの台詞が脳裏をよぎります。


 


ランキングへの参加お願いします。ポチッとな。



にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://iwappo.blog49.fc2.com/tb.php/51-5cb8d789
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。