上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



来た~~~!!


 


ここ最近メッキリ殺人通貨としての存在意義を


忘れていたポンドがやっと目を覚ましました!


 


これで私のポンドもスゲエ含み益!


 


 


…保有してたらね…


 


唯一のポジだった豪ドルも明日のスワップ3倍明けの下落を睨み100.40から100.20にリミットを


下げ、あっさりと約定してしまいました。


 


 今日の取引


  豪ドル円  99.70買5万を100.20で決済  +30310円  内スワップ 5310円


 FX資産  2,033,776


 


もちろん私が手放した事で足枷が取れルンルン気分で上昇している訳ですが…(怒)


これでまたマタ又股ノーポジになってしまいました。


スワップはないし明日から仕事だし休み中のドカ食いで明日からダイエットが待ってるし~で


憂鬱な事この上ないですな。


 


 


最近いつもノーポジになるたびに脳裏をかすめる言葉があります。


 


「引き際」


 


これまでも何度かブログでその類の記事を書いてきましたし、投資元本を取り戻した事で


弱気になってきているのも確かでしょう。


私も色々な株やFXブログを見てきましたが、あまり「引き際」について書いている記事を


見た記憶はありません。


そう、下降トレンドになれば「売り」から入れば良いというスタンスなのです。


もしかしたら投資ブログではタブーか?


 


私は完全に対円通貨専門になってしまってます。


それはひとえにスワップが良いためで、前にも書きましたが対円ショートをやるならFXを


やっているメリットは全く無いと思っています。


 


私は株から投資を始めたのでライブドアショックを機に下降トレンド入りした新興市場の悲惨さを


目の当たりにしました。


ライブドアショック以前に投資資金を数倍、数十倍に増やした人がショック後にそれ以上の損失


を被り退場になった話をいやというほど聞きました。


おそらく為替市場でも同じ事が起きるだろうと私は考えています。


 


「レバを2、3倍に抑えて運用すれば暴落が起きてもスワップを受け取りながら数年待てば損失は


埋まる」




果たしてそう言い切れるのかどうか…


それはあくまでも日本の金利が他国の金利を逆転しないという前提があっての話で、逆転しない


という根拠は何もありません。


アメリカは2年で4%金利が上昇しました。


その逆が起きても不思議はありませんし、日本の金利が急激に上がりだす可能性もあります。


 


私はまだ撤退するつもりはありませんし無闇に恐怖を煽る気もありませんが、最悪の事態を


常に頭に置いておく事は大事だと考えます。


ここ数年の一方的な円安を見ているとそれが当たり前のように感じてしまうからです。


日本でハイパーインフレなどの破綻が起きない限り必ず来るであろうトレンド変換。


 


それまでに撤退できるか?


巻き込まれても被害を最小限に抑えられるか?


 


本来儲ける事よりまず考えなければいけない事がコレのような気もします。


 


 


↓また皆さんを敵に回すような事を…



にほんブログ村 為替ブログへ

 

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://iwappo.blog49.fc2.com/tb.php/259-0e91c860
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。