上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



昨日は珍しく多めにトレードをしましたが、その後もチマチマ動いてました。


でも一つ分かった事があります。


 


下手に売買を繰り返すとかえって


損をするね…


 


まあ結果論ですが、どうも上手く行かないですね。


 


 今日の取引


  ユーロ円  165.45買3万を165.47で決済  +600円


   ドル円   122.98買4万を123.50で決済  +21428円  内スワップ  628円


  ポンド円   247.25買3万


 FX資産  2,377,036


 


一応説明すると、ユーロを買ってみたもののFOMC前の調整が怖くて同値撤退。


+600円は手数料相殺で実質±0円です。


んでその後「FOMC後はドル上げそうだな」という理由でドル買い。


ポンドはイギリスの爆弾事件で上値が重いから、これからの上昇を見込んで買ってみたり。 


 


でも結局ね、初めのユーロをそのまま保有


してればもっと利益が出てたの…


 


昨日のポンドの件といい、もっと上手く立ち回れないものかいな?


とはいえ一度調整が入ったことで、調整前より上昇しやすい地合になっているような気も


するので、ここはちょっと積極的に行ってみようかな~と。


 


んで今日やっとJNSから口座開設完了のメールが届きました。


これで私もエキゾチッカ~(?)ですな。


スワップで1日1万円を目指してますが、トルコリラを上手く使えば私の少ない資金でも


可能な気がします。


ま、ハイリスクだけどね。


 


差益重視とスワップ重視、どちらが良いか?


 


実は未だに明確な答えが出ていません。


私がFXをやっていた期間だけを結果論で見ればスワップ派の方が良いのは確かです。


仮に揉み合う展開が多いようなら差益を細かく取っていった方が儲かるでしょう。


 


そして急落時は…


結局「スワップ派は含み益が減る」か「差益派は確定利益が減る」かの違いだけで実は


大した違いは無いような気がします。


 


ただ投機はどうしてもゼロサムゲームになりがちなので、やはり長い目で見ればスワップを


安定的に受け取れるスワップ派が有利なのは間違いないでしょう。


 


 


↓でも投機って楽しいのよね~



にほんブログ村 為替ブログへ

 

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。