上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



うう、今日から再び萎え萎えしおしおの仕事モードです。


仕方なく仕事をするも「ふん、どうせ今日の稼ぎ程度じゃ含み損は全く埋まらないぜ…」と


口からエクトプラズムをゲロっぱしながらの屍モード。


何やら日中にポン様は私の買値より上に顔を出していたようですが、今現在は再び下~の


方にどっしりと腰を据えている始末で、もうエクトプラズムが止まらない!!


 


 「おじちゃん、口から煙みたいのが出てるよ」


 「大人になったら色々あるのさ…ちなみにお兄ちゃんね」


 「ふ~ん、おじちゃん頑張ってね」


 「うん、お兄ちゃん頑張るよ!」




…と色々と嫌な現実から目を背けるために半トリップ状態で架空の少女と噛みあわない会話を


交わしてみる…


…そろそろ俺もアキバデビューか?


 


ちなみに同じアパートに住む小学生の女の子におじちゃん呼ばわりされているのは悲しい現実


だったりします(涙)


 


私の住んでいるアパートはかな~りの安アパートなので、何やら訳アリっぽい独身中年男性


などが多く住んでいます。(いわっぽ込み)


しかし数年前から子供連れの女性が二組入居してきました。


「ま、どーせ離婚してお金が無いからこんな安アパートに引っ越して来たんだろうな」程度で


特に興味もありませんが、片方の一家は何やら恐ろしげな気配がします。


 


チョクチョク聞こえるのです…母親がヒステリックに子供を怒鳴りつけている声が…


どうやらその家族には小学生の男の子と女の子がいるようなのですが、この怒鳴り声が


半端じゃない。


「テメエ、○○だって言ってんだろっ!!」と、男の私ですら口にしないような言葉で子供を


罵っている…オソロシ…


 


今日仕事が終わった後、駐車場で車を少しいじっていたのですが、なにやらそこの子供二人


が外であわただしい動き…


特に気にするでもなく車をいじっていたら、ふいにその部屋の窓があいて、外の女の子にデブな


母親が一言。


 


 


「テメエ何やってんだよ!もう帰ってくんな!」


 


 


あ、ありえね~…


 


と心の中で呟きつつも気にしない素振りで黙々と車をいじっていると、そのうち女の子が洗濯物


を干しだしました。


(そういえば、いっつも子供が洗濯干してるな…)


家にいるデブな母親…学校から帰ってきて洗濯を干す子供…う~む…


 


人の育児に口を出すつもりはありませんが…ねぇ。


子供は親を選べません。


貧乏ながらもちゃんと愛情を持って育ててくれた母にちょっと感謝してみる今日この頃。


 


 


↓ポチっと押したら真面目な投資ブログが…



にほんブログ村 為替ブログへ

 

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。