上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007.05.10 長かった日々

昨日の夜にポンドのリミットを241.00から239.50へ変更しました。


理由は簡単、怖いから!!


 


今日はBOE&ECBの政策金利発表があったので、ユーロかポンドのどちらかを無くして


おきたかったのです。


目論見通りうまくポンドは指値に刺さりご臨終されたのですが…


 


今日の午前中、私が寝ている間になんか知らんけど豪ドルが指値に刺さってお亡くなりになり、


午後、私が仕事をしているうちにユーロさんも他界してました。


仕事をしながら、「ポンドと豪ドルが無くなってユーロだけになったから、帰ったら指値を上げて


おこうかな」とか考えていたのですが…


 


 今日の取引


  ポンド円  239.00買3万を239.50で決済   +21330円 内スワップ 6330円


  豪ドル円  99.00買5万を99.80で決済   +47380円 内スワップ 7380円


  ユーロ円  162.35買3万を162.85で決済   +16701円 内スワップ 1701円


 FX資産  1,933,462


 


豪ドルは「100円手前ではじき返されそうだから99.80に入れよう」って感じだったのですが、


アッサリ100円超えましたね。


 


とりあえずこれでノーポジになってしまいました。


 


そ・し・て!!


 


今日の利確で株の損失90万がすべて埋まりました!!


 


長かった…丸一年かかってやっとスタートラインに戻って参りました。


 


今日発表になったBOE&ECBの政策金利も予想通りのもので市場の反応はイマイチですね。


でもトリシェさんの発言で6月のユーロの利上げは確実視される事でしょう。


しかし今のユーロの水準はすでに6月の利上げを織り込んでいると思うので、果たしてこれから


もユーロは順調に上がっていくのでしょうか?


 


最近欧州の要人から「円はファンダメンタルズを反映していない」という発言が出ています。


トリシェさんはユーロ高を懸念していないと発言しておりますが、同じユーロ圏でも必ずしも


足並みが揃っているとは限らないようですね。


 


FOMCとBOE、ECBの金利発表で最近のレンジ相場がどちらかに抜けると思っていたの


ですが、今の所上にも下にも行く様子はありません。


 


再びエントリーしづらい状況…



 


↓今日は真面目に投資記事~♪ ポチッと!



にほんブログ村 為替ブログへ

 

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。