上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007.04.09 動かぬ相場

今日はまた全く動かないですね。


海外勢の多くがモアイ休暇という事もあるのでしょうが、アッと驚く米の強い雇用統計の割には


動かな過ぎる気もしなくもない。


の割には日経平均は爆上げで、1ヶ月前の暴落から続いている株価と為替のリスクマネー繋がり


の同調はそろそろ終わりなのかな?


株価が堅調という事は日本経済の見通しがある程度明るい事を意味しており、当然そうなれば


金利先高感が先行して円が買われてもおかしくない…


それでも世界的に見れば各国の経済が良好な中で日本と米はなんとも心もとないのも事実で、


予想以上に強かった米の雇用統計も、今までの弱い指標を吹き飛ばせるほどの威力があるか?


と言われると、それもビミョ~だったりします。


 


今週半ばから重要指標の発表が多く、週末にはG7も控えているためさすがに動きづらいな…


でも今までのパターンからすると、こういう警戒している時に限って騰がるだなコレが。


 


ノーポジの私のスタンスは、近々それなりの押し目があるならある程度の枚数を買う事も考えて


おりますが、この高値水準からさらに上昇を続けるなら元本の100万を下ろしてから考えようかと


思っております。


 


今の円安水準…FX人気による旺盛な個人投資家の買いに支えられているとも取れますが、先の


暴落などを見ても結局相場に大きな影響を与えるのは投機筋などの機関投資家です。


 


「FXは人気があって個人投資家がガンガン買って行ってるから大丈夫!」


 


この水準まで来ると、私はさすがにそんな楽観視もできなくなってきます。


株は企業が成長すれば一般的には株価も上がっていきますが、為替は各国の経済状況の


バランスで成り立ってます。


果たして経済大国の日本の通貨がひたすら弱いなんて状況が続くのか…?


 



 


 


は~い、大賛成~♪


 


う…せっかくのシリアスな展開が…


 


 


↓消極的だけど応援を!!



にほんブログ村 為替ブログへ

 

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。