上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



なんか今日はドルが弱いな…


 


今日は全体的に円高気味ですが、ひと際ドルの弱さが目立ってます。


日経平均は下落、それに吊られるように円高になっている訳ですが、最近のアメリカの指標を


見る限りそれほど悲観するような内容じゃないような………ダジャレじゃないよう………


まあ、指標はやや持ち直していても住宅ローンの焦げ付きや根強いキャリー解消の動きで頭が


重いのは分かりますが…


 


先月末からの下落でもはやスワップの計算すらする気になれなかったのですが、今日は重い腰


を上げて一日あたりの受け取りスワップを計算してみました。


 


  ポンド円 3万   867円


  豪ドル円 7万   973円


  NZD円 7万   1092円


    スワップ計   2932円


 


いずれもヒロセ通商の3月16日のスワップレートで計算しています。


NZが利上げしたとはいえ、ずいぶん豪ドルとの差が付いてしまいました。


 


一日2932円…ほとんど朝刊配達の


給料と同じだよ…(笑)


 


しかし含み損を考えると“屁”みたいなモノだったりします。


仮に向こう一年間退場にならずにこのスワップを受け取り続けたら、ほぼ元本と同額の収入に


なりますが…アホな期待はやめましょう。


 


 


今日はアノ方の判決が言い渡されましたね。


 



 


↑もちろんこのデブ!


 


判決は2年6ヶ月の実刑判決とか。


執行猶予が付かなかっただけマシかもしれませんが…


 


いくらなんでも甘くね?


 


ライブドアショック前のライブドア株主数は約22万人といわれてます。


ライブドアショックの直撃を受けたこの22万人だけでもスゴイ数字で、これ以外にライブドア


ショックで暴落した株価によって間接的に損害を受けた人間まで数えたら凄まじい事に…


おそらく冗談抜きで「人生終わった…」という人も沢山いたでしょう。


 


んで、当のデブはこれかよっ!?


 


投資は自己責任という原則があります。


こういうリスクも自己責任の内と言われればそれまでですが、いくらなんでもこれでは「やったモン


勝ち」です。


日興の上場維持にしてもそうですが、粉飾した額が少ないとか、投資家への被害が少なかった


とか、組織的とは言い難いとか、そういう問題じゃないだろ…


 


私はライブドアショック時は投資をやっていなかったので難を逃れましたが、実際に巻き込まれた


人の胸中はどうなんだろ?


せめて株主訴訟であのデブが身包み引っぺがされる事を願います。


 


 


↓ガッツリ応援お願いしま~す!



にほんブログ村 為替ブログへ

 

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。