上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日は若干の円安になっていて、ホッと一息といったところでしょうか。


最近はやたら株価と為替が連動していて、今日は午後から日経平均は大幅高で、為替も円売り


に傾いてます。


ちょっと不思議なのですが、今まで私は…


 


「日本の経済が堅調→株価上昇→


利上げ懸念→円高」


 


…というような式を漠然と考えてました。


しかし最近の相場は日本の経済の堅調さを確認すると円が売られるという状態です。


まあ、アメリカ経済と日本の経済がある程度連動していると考えれば納得出来なくもないですが。


 


ホント相場って分からねぇ…


 


んで、もう一つ。


先週から続いた大きな円買いの動きですが、下落中はブログ仲間がみんな「ひたすら耐える!」


と言っておりました。


しかしある時期から「ショート参戦するか…」とか「両建てして様子見るか」に考え方が変わって


きたのです。


実際私もポンド円ショート10枚などとアホな行動に出た訳ですが、実はこの段階が底でした。


 


もうお分かりだと思いますが…


 


相場は見事に投資家心理の裏を行ってる!


 


という事です。


 


「人の行く裏に道あり花の山」


 


…という有名な格言がありますが、今回はまさにそれを思い知りました。


日本が0.5%に利上げをし、「材料出尽くしで円安は当分続く」と見られていて、みんなが安心して


買いだしたけど、結局それほど円安にはならずにこの暴落。


そして暴落の底付近でのみんなのショートや両建ての話。


 


やはり投資家心理の裏を行く事が大きな利益を上げる近道かもしれません。


 


でもそれって…


 


「よし買うぞ!」と思った時に売って


「これはまだ下がるな…」と思った時


に買うという事。


 


 


…んな事できるか~!


 


 でも投資家心理を上手い事逆手に取れば何か道が開けるかもしれません。


とは言っても、とりあえず今のモッコリ含み損状態を脱しないと始まりませんが…


 


 


↓ポチっと応援お願いします!



にほんブログ村 為替ブログへ

 

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。