上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



明日からまた市場が動きますね。


 


ああ、憂鬱だ…


 


日銀の金融政策決定会合が火、水に開かれ、月曜はアメリカ市場が休み…


 


「欧州勢の売り仕掛け!」


 


…なんてホントにやめてくれよ…


今の私のポジはポンドが多めになっているので、金曜のイギリスGDPも気になります。


日本の金利が0.25上がった所で、イギリスとの金利差は4.75あります。


このまま円高にまっしぐら…なんて事は無いと祈りたいものです。


 


 


私は今30歳。


いわゆる「失われた10年」に就職期になった世代のど真ん中にいるのですが、今日の朝日新聞


一面に興味深い記事がありました。


 


キャノンが請負、派遣の正社員化を後回しにするという記事です。


私も請負という名目で工場に派遣されていた時期があるのです。


いわゆる偽装請負というやつなのですが、最近派遣の規制が緩くなり、製造業への派遣もOKに


なりましたが、数年前までは製造業への派遣は認められておらず、名目上は業務請負という形で


実質は派遣…というのが偽装請負です。


国際優良企業のキャノンも例外ではなくこの偽装請負を行っていたのですが、偽装請負を指摘


され、「1万人以上いる請負、派遣社員の中から数百人を正社員として雇用する」と公言してたの


です。


が、このたびソレを後回しにして新卒者の採用を優先する方針に変えたようです。


 


私は体…というか精神が弱いらしく、「うつ」ともちょっと違うのですが、まともな社会生活すら


出来ない極端に緊張に弱い状態を子供の頃から何度か繰り返し、もはや就職は考えていない


ので正直このニュースは私には関係の無い事なのですが、どうも納得が行きません。


 


確かに企業としては若い新卒者を採ったほうが、色々な面でメリットがあるでしょう。


しかし、不可抗力の就職氷河期に新卒者になり、就職できなかった人間を切り捨てるこの行為…


なんだろう…この不公平感…


 


ま、世の中公平な事なんてほとんど


ありませんけどね。


 


結局私達の世代の就職できなかった人間は起業なりなんなりをして成功するか、落ちぶれるか


のどちらかしか無いのかもしれません。


成功しない人間は「努力をしないからダメなんだ!」という話も聞きますが、「努力」なんて精神論


ではどうしようもない“壁”があるのも事実。


 


そりゃ格差も広がるわ…


 


 


↓明日からまたストレスの日々が…のポチ。



にほんブログ村 為替ブログへ

 

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。